【一時保育】自然を身近に感じよう!

花組では自然を身近に感じられる様にビオトープでメダカを育てています。

子ども達がメダカに餌をあげるなどのお世話をしてくれ、食べる姿を見て「かわいいね♪」などと言っていました。

こういった生き物のお世話をすることで生き物への関心や大切にしようという気持ちを育てています。

 

そんな、ビオトープのメダカが水草に卵を産みました。赤ちゃんも生まれており、日々の変化を子ども

だけではなく保育者も楽しみにしていますよ。

 

 

 

042-330-2005 (担当:島田・松本)

2021年6月25日更新

こちらの記事も読まれています。


2021年6月15日
一時預かり保育を利用…


2020年12月11日
もちつき…


2020年11月26日
車人形鑑賞会…


2021年10月23日
ひかりの子どものうん…


2020年10月10日
うんどうかい…